新頒布品 HotSpot2 for NoraGareway
IMG_3242.jpg

​HotSpot2 for NoraGateway

​クリックで動作を見ることができます。

HotSpot for NoraGateway が バージョンアップしました。

D-Starデジタルトランシーバーをお持ちの方が、インターネットを通じて、D-Starレピータやリフレクターにアクセスする為のインターフェース、「HotSpot for NoraGateway」が新しくなりました。新型HotSpotには上面に現在の通信状況を示すLED表示を取り付けました。

​この表示器には、立ち上がりからシャットダウンするまで、様々な情報が表示され、とても使い易くなりました。詳しくは説明ページをご覧ください。

リフレクターを使って世界中とQSOしよう

​リフレクターとはインターネット上にあるPCサーバー上にあるソフトウエアの事です。マイノードとかHotSpotと呼ばれる無線機の音声デジタル信号をインターネットに送り込む装置からリフレクターに送られた音声デジタル信号を違うマイノード(HotSpot)に送り返します。この仕組みを使ってマイノード(HotSpot)に繋がっている無線機同志でQSOすることができます。ほとんどの信号経路はインターネットですから、インターネットに繋がっている世界中の無線機とQSOすることができます。

​上図で、左の局は車の中から430MHzのD-StarモードでMynodeと呼ばれるインターフェースとスマホでXRF365リフレクターにリンクして通信します。真ん中のイギリスの散歩している局はスマホとクラウド上にあるAMBE Sarverを使ってXRF365リフレクターと通信します。アメリカの局の車からの信号がXRF365リフレクターによりイギリスに送られ、この2局はQSOすることができます。右側の日本の自宅にいる局は、OpenSpotと呼ばれるインターフェースでXRF365リフレクターに接続して、流れて来た音声デジタル信号をOpenSpotで受けて430MHzのD-Starモードに変換して、ハンディトランシーバーで聞くことが出来ます。こうやって世界中のアマチュア無線局とQSOすることが出来るシステムです。世界中にリフレクターは数百局以上あり、それぞれのリフレクターにアクセスする事により、色々な国、グループ、とQSOすることが可能です。

                            次のページへ